067

 財団は、11月から「会費制」になります。ますます危うくなる社会の先で皆さんから預かった寄付(会費)で応援することを、今から用意しておきたいのです。
 月会費8500円。少し高めですが、是非助けてください。「BUP基金」「コイン基金」に応募してくださった方は別途「特別割引」会費になります。
 月会費8500円、或いは年一括会費10万円のご都合の良い方でご援助ください。

 ESS(エクボサテライトサポート)登録を会費導入と同時に開始いたします。
 皆様の隠れた能力を「財団」が拾い上げ、皆様の力を組み合わせ一枚の素晴らしい織物に変えていくために人材登録を並行して開始いたします!
 10月5日~20日に第3回募集が行われるコイン基金。そして11月5日(金)午前10時~再募集が始まる造り上げる力の集合「BUP基金」。

 日本が揺れています。これは一時的なものではありません。もう皆さんは気づいているでしょう。根本的な解決が「第2次世界大戦」以降なにも行われていないことを。
 皆さんは、いつか時がくれば「良くなる」と座して待つおつもりですか?

 私は45年待ちました。そして、何も日本も世界も本気で「未来」を子ども時代に観た「未来」を本気で資本家や政治家が創る気がない事を肌身で感じました。

 皆さんは本当に、待っていれば「素晴らしい」未来を政府が創ってくれると思いますか?
「BUP基金を是非、成功へ」
 先日、日本弥栄の会の代表「中矢伸一」氏が玉響誌へのインタビューに来訪され、こんなことを言っておられました。

 「今から10年前、私にエクボさん(エクボ(株))は重力や動力、未来の技術をと話されていました。 あれから10年経って、電界フロートの実現やエクボ集電器、そしてエクボランド構想と本当にエクボさんは、やる気なんだな…と思えるようになりましたね…」

 中矢様、本気なんですよ。ウソやはったりでは無く私は本気で行動をして見せているのです。
 誰かがやってくれるだろうと私は思いません。私は世の問題点を意見する者ではなく、「創る」側の人間なんです。
 皆さん、一緒に創りませんか?