当たり前が、当たり前に行われる世界。
これが私が目指す「エクボランド」です。

 例えば、電車で誰かが苦しそうにしていたら、
『大丈夫ですか?』と声をかける。

…これが昔は、普通でした。

 今、どうですか?

 電車の中で誰かが苦しそうにしていたら

『コロナかもしれない!離れよう!』

となるのではないでしょうか?

 おかしいですよね。

 私は国へ意見して「政治」を変えようとする皆さんをすごいな…と思います。

必要なことだと思っています。

でも、それは私の仕事ではないのです。

 私は、技術や製造の人間です。
つまり人が使う道具や技術を生み出す側なのです。

 だから、迷わずその道を選びました。