夏になると夜空を走る大きな稲妻。
その正体は「電気」です。その電圧は数十億ボルト以上。
稲光の長さは1km以上にもなります。

 地球人類が未だ手に入れたことのない巨大な電圧。
その発生原因は「水蒸気」なのです。

ヒロコ財団は、これらの自然現象を利用し近未来の
永続的な電力として利用するため研究を続けています。

何が良いのかと言えば「燃料」が要らないことです。

自然が日々行ってる現象を、
科学し利用可能な装置と
して設計し皆さんに提供する

 それが私たちの仕事です。

でも何故、こんな簡単な子供でも思いつきそうな事を
今の今まで誰もやらなかったのでしょう。

いいえ、勇気ある人々はいた筈です。

でも勢いをつけ始めた動力や電力の
巨大な権力が立ちはだかり、人類が
飛躍的に進歩したかも知れない発明は
すべて闇に葬られてしまったのです。