人の進化は「終わった」と想いますか?

眼が三つになる?…という話をしているのではありません。
能力のお話です。
私は終わってないと思います。

年々短縮される100m走のタイム、棋士と棋士の対局の複雑さ、
人間が達成し続ける成果に終わりはありません。

成果は練習や訓練の結果が多いでしょう。
しかし、人間の生物としてのスペックが、
なにも変わっていないと思いますか?

私は様々な研究レポートから
DNAの能力は未だほんの一部しか
発揮されていないことを知っています。

「人間」の能力も未だまだ先があるのです。

今は「不可能」と思われていることも十数年後には、
当たり前になっているかもしれません。

ヒントは、体内の「水素」。